ネイリストになるには 資格

ネイリストになるには

女の子に人気のネイリスト

 

ここでネイリストになるにはどうしたら良いかなどなど書きましたので、ご興味がありましたら読んでみてくださいね。

 

ネイリスト

ネイリストは別名マニキュアリスト、ネイルアーティストとも呼ばれ、ネイルアートだけでなくカラーリング、ネイルケアなどで爪を美しくケアするだけではなく、人工爪作り、手足のマッサージやフットケアまで広く手がける女の子に人気の職業です。

 

ネイリストは、手先の器用な方やファッションや接客業が好きな方に向いているといわれています。

 

ネイリストになるにはネイルスクールに通ったり、特定の資格を取ることは必ずしも必須ではありません。
しかし、実際には様々な知識や技術が必要なので、技術レベルの証明の意味でも資格をとって損はないと思われます。
最近はネイルサロンへの就職の際に、資格の検定の資格を必要とするところが多くなってきました。

 

ネイリスト 資格

ネイリストに関する資格は大きく分けて2つ有ります。

 

JNEネイリスト技能検定

一つはJNEネイリスト技能検定です。

 

一般財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催のこの資格は1997年からある歴史のある検定で、ネイルサロンの求人において応募条件として設けるサロンも増えてきています。

 

特に一級になると基本のネイルケアだけでなく、ポリッシュカラーリングやスカルプネイル、ミックスアートなどの高いスキルが要求され、トップレベルでのネイリストの総合的な技術や知識が求められます。
ネイリストとしての総合的な知識と技術が求められる検定なので必ず抑えておくといいと思います。

 

JNAジェルネイル技能検定試験

一方JNAジェルネイル技能検定試験は、最近人気のジェルネイルに特化した資格です。

 

NPO法人日本ネイリスト協会が発行する民間資格で、プロとしてサロンワークでジェルネイルを施術するための必要な知識とネイルの技術が問われます。

 

こちらは検定が始まって間もないですが、すでにJNEネイリスト技能検定の資格を持ってる人がさらに流行の技術を身につけたいということ取っているひとがいるようです。

 

資格のレベル

プロのネイリストが持っておきたい資格のレベルとして、JNEネイリスト技能検定なら2級や1級、JNAジェルネイル検定なら上級の資格を取得していることが求められています。
なぜなら、これらの資格はネイル技術の基礎が養われているとみなされるケースが少なくないからです。
合格率もJNEネイリスト技能検定の2級なら20〜30%と、非常に低いもので、プロのネイリストなら必須な条件とも言えるからです。
もしネイルサロンへの就職を考えているなら積極的に取得しておくとよいといえるでしょう。