セルフジェルネイル おすすめセット

ジェルネイル キット おすすめ 爪

セルフネイルは何もマニキュアだけのものではありません。
セルフネイル部編集部によるセルフネイル部などを見てもわかるかと思いますが、現在ではジェルネイルが自分でできるキットやセットが市販されており、簡単に、手軽に楽しむことができるようになっています。

ジェルネイルはネイルサロンでプロのネイリストに施術を任せるもの、とお思いの人も多いようですが、必ずしもそうではなくなったのは喜ばしいことですよね。

独特のツヤに魅了され、ジェル派を公言する人もたくさんいます。
誰でも最初は初心者ですが、いずれオリジナルのデザインをほどこしたり、細かなアートを実現したり、夢は膨らみますよね。

ちなみに、ジェルネイルには爪表面を削るサンディングという作業があるのが一般的で、これによって爪にジェルを密着させやすくしています。
ですが、技術が必要な工程であるため、自分でおこなうのはなかなか難しいです。

しかし安心してください。
やり方の簡単さ、安全性を重視するため、セルフジェルネイルのキットでは、メーカーの工夫により工程が簡略化されていることが普通です。

たとえば前述のサンディングを省いても、カラージェルの定着率をしっかりさせる技術などがもりこまれています。
爪の先を整え、甘皮を処理し、ごみをとり、ベースジェル、硬化ジェル、トップジェルと重ね、適切なタイミングで硬化ライトを当てればそれでOK、そのような商品もあります。

ちなみに選び方のポイントとしては、最初はアイテムの数が少ないものに注目するのがおすすめです。
ネイルの道具は意外と場所をとりますから、アイテム数が多くコスパ重視で選ぶと収納に苦労したり、用品をもてあましてしまったりする可能性が高いからです。

また、ライトはUVライトよりLEDライトを選ぶとよいかと思います。
ペンライト型LEDライトなど形状も豊富ですし、ジェルの硬化速度もはやめです。

最初の内は爪ひとつずつを硬化させることになると思うので、硬化がはやいのはメリットですね。
ちなみにLEDタイプを選んだ場合、カラージェルもLED対応のものを選ぶことになります。
マニキュアボトルのようなボトルに入ったポリッシュタイプのジェルを選べば、正にマニキュアのようにフタについたハケで簡単に塗ることができ、おすすめです。

単色塗り、ベタ塗りでも、いきなり筆を使うとうまくできないものですが、マニキュアのような塗りならやりやすいでしょう。
将来的に筆でジェルをとって使うこともできます。

商品情報は、外部サイトの記事や口コミ、レビューを参考にするより公式サイトを参照したほうが確実です。
仕上がりや発色については一般人の忌憚なき意見も参考になるかと思いますが、商品スペックについては公式サイトが一番間違いがありませんし、商品の内容や価格が変わっても一番早くそれが反映されますよね。
購入の際は、いろいろなものを幅広く参考にするのがおすすめです。