ジェルネイル キット おすすめ ジェル

ジェルネイル キット おすすめ ジェル

ジェルネイルをネイルサロンではなく、セルフでほどこせると知って、気になった人は多いと思います。

セルフネイルというと、いわゆるマニキュアのイメージが強いかもしれませんが、今では初心者にもおすすめできる簡単なセット・キットがあるのですよ。
ブログ(byNailLabo?)や、セルフネイル部編集部によるセルフネイル部などの記事を見ている人は、簡単と編集部が書いているけれど本当は簡単ではない、などというたまにあるような過剰な記事はなく、一般の人が自分でネイルを楽しんでいることが分かっているのではないかな、と推測します。

サロンでジェルネイルの施術を受けたことがある人は、ジェルネイルがプロのネイリストでなくても簡単にできるということを不思議に思うかもしれません。
確かに、爪の表面をけずるサンディングなど、難しい工程がいくつか見られるかと思います。
しかし、セルフジェルネイル用の用品は、そういった難しい手順を省いても、たとえばノンサンディングで質の良いジェルネイルをできるなどの工夫がされており、サロンとまったく同じようなやり方をする必要がないのです。

慣れれば単色塗りだけでなく、ストーンやラインストーン、ラメなどを使ったり、オリジナルのデザインでアートを描くことも夢ではありません。
大きな違いのひとつとして、ライトの違いが挙げられます。
一般的にジェルを硬化させるライトはUVライトだと思う人が多いと思いますが、セルフ用の商品ではLEDライトを採用していることが多く、人気でもあります。

LED型ライトは、硬化速度の速さや寿命の長さ、ライト自体の形状の豊富さがポイントになるでしょう。
LEDタイプでは、ペン型ライトのように細かい部分の手入れに向いているアイテムもあるのです。
ちなみにLEDライト付きのセット内容に含まれるジェルは、LED対応のものです。

慣れてきて新しくカラーを増やしたいと思ったら、そこに注意してくださいね。
ジェルの容器も選び方のポイントになるでしょう。
マニキュアボトルのような容器に入り、マニキュアのように簡単に使用できるポリッシュタイプ(マニキュアボトルタイプ)と、小さな容器から筆でジェルをとって使うコンテナタイプがあります。

最初は使いやすいポリッシュタイプを選ぶと塗りやすくておすすめです。
後々ハケから筆で硬化ジェルをとり、コンテナタイプのような使い方をすることもできるのでよりオススメです。

ちなみに、セットの内容が色々ありすぎて悩む、という人は、最小限のネイル道具、つまり必須アイテムだけのセットを選ぶとよいと思います。
意外とネイル用品は場所をとるので、最低限なら収納に困らなくて済みますし、最初からたくさんの種類を購入しても使い方が把握できず困ってしまう、といったような悩みを防ぐことができます。

情報だけでなく価格とトク感を重視するのもひとつの選び方ポイントではありますが、
それだけに惑わされないことはポイントになるのではないかと思います。