ジェルネイルのやり方

ジェルネイルのやり方

ネイルサロンに行ったことがあり、ジェルネイルの施術を受けたことがある人ならば、そのやり方が難しいことを知っているでしょう。
甘皮処理などの一般的にもよく知られている手順だけでなく、爪の表面を削ってジェルが密着しやすいベースを作るサンディングなど、処理には技術を要します。

ですが、今セルフでもジェルネイルができるキットが市販されていることはご存知ですよね。
こういったキットは、初心者におすすめな、それを購入したらすぐにでもネイルを始めることができる、道具などがセットになった商品があったり、とても魅力的です。
さらに、前述した専門的な難しい処理の工程を省いても綺麗にネイルができるよう、工夫された商品がほとんどなので、手軽に自分でツヤツヤの爪を手に入れることができるでしょう。

甘皮の処理など基本的なことをしたら、ベースジェル、カラージェル、トップジェル、それをライトで硬化させるだけ、という商品を出しているメーカーもあるほどです。
ちなみに硬化用ライトにはUVライトとLEDライトがあり、LEDタイプを選ぶ場合、LED用の硬化ジェルを選ぶ必要があります。
そうでない場合、ジェルを完全硬化させることができません。

LED用のジェルは比較的新しい商品ですが、カラーも増えてきているので不安に思うことはないでしょう。
LEDコンパクトライトがあったりと使い勝手がよいので、セルフネイルにおいて人気です。
ジェルの容器や使い方にも種類があります。
初心者におすすめなのは、ポリッシュタイプという、マニキュアボトルのような形をしたものです。
マニキュアを塗るように付属のハケで色を塗る方法をとるので、マニキュアの使い方に慣れている人ならば、フレンチなども簡単にできるでしょう。

コンテナタイプという、小さな容器に入ったジェルを筆でとって塗布するタイプもあります。
こちらはジェル同士を混ぜ合わせて新しい色を作ったり、ラインを引くなど、ネイルアートのような細かい作業、デザインに強いと言えます。
しかし、ポリッシュタイプでも筆にジェルをとって使うことはできるので、最初はこちらを選んで、後々上達したら筆を使うようにするといいかもしれませんね。

手順やデザイン、コツなどについてはメーカーの公式サイトを見る他、一般の方が投稿している動画を上手く活用するのがおすすめです。
文章や写真ではどうしても伝わりにくい部分が、動画だと明確に分かるのでいいですよね。
セルフジェルネイルは、ツヤのある美しい爪を自宅で、自分で手に入れることができますし、慣れればオリジナルのデザインを取り入れたり、ラメやストーンを取り入れることも可能でしょう。
肌馴染みの良いネイル、春ネイル、夏ネイル、好みに合わせて様々なネイルを手軽に楽しむことができると考えると、とてもわくわくしますよね。