ジェルネイル キット おすすめ

ジェルネイル キット おすすめ

セルフネイルに関しては、セルフネイル部編集部によるセルフネイル部などを始めとする様々なサイトや記事があふれています。
編集部による記事や編集部コメント、あるいは一般の方のネイルに関する投稿などを読んでいると、セルフネイルへの関心は高まる一方ではないかと察します。

ネイルといえばネイルサロン、という考えは間違っていませんが安直でしょう。
それはジェルネイルについても言うことができます。
ジェルネイルは難しいイメージがありますが、近年は初心者向けのキットが市販されていたり、それをひとつ購入すればすぐに自分でネイルができてしまうネイル用品の詰め合わせセットが販売されていることも少なくありません。

アイテム数の豊富さを売りにしているものより、セット内容がシンプルなものを選ぶのが、初心者にとっては選び方のポイントになるでしょう。
最初からたくさんのアイテムを手にしたとしても、使いこなすことは難しいですし、案外ネイル用品というのは場所をとるものなので、収納に困ってしまう、なんてことも考えられます。

ジェルネイルは専用のカラージェルを爪に塗り、ライトで硬化させることで密着させる方法をとりますが、ライトには二種類あります。
UVライトとLEDライトです。
UVライトはプロであるネイリストが使うので有名かもしれませんが、自分でおこなう分にはLEDライトが人気の傾向にあります。

メーカー側もLEDタイプのものを推すことが多くなっているようにも見受けられます。
コンパクトLEDライトなど、持ち運びができるタイプのネイルライトもでています。
LEDの硬化ライトは、扱いやすく効果までの時間が短いのが最大の特徴です。

硬化速度が速いと、忙しい人にもぴったりですね。
LEDライト電球で有名かもしれませんが、寿命が非常に長いのも特徴です。
蛍光灯に比べてLEDのそれが長持ちするのと同じことが、UVライトとLEDライトの関係にも当てはまります。

ジェル容器やその使い方にもタイプがあります。
初心者におすすめなのは、ポリッシュタイプという、マニキュアボトルのような見た目のものです。
見た目のとおり、ふたに付属しているハケでマニキュアのように気軽に塗ることができ、簡単です。

もうひとつはコンテナタイプです。
小さな蓋つきの容器に入ったジェルを、筆でとって塗っていくやり方をとることになります。
ジェル同士を混ぜて新しいカラーを作ることや、デザイン要素の高い細かいアートをすることに向いています。
ちなみに、たとえポリッシュタイプであっても、ハケから筆でジェルをとって使うこともできるため、思ったより早く上達してもポリッシュタイプは臨機応変に使用していくことが可能です。
ちなみに、LEDライトを選んだ場合はLED対応ジェルを選ぶ必要がありますが、今ではそれに対応したジェルの色の数も増えているので安心です。