ジェルネイル ライト

ジェルネイル ライトの違い

セルフネイルでジェルネイルをおこないたい方に朗報なのは、ジェルの硬化に使うライトにLEDタイプがあることです。
これはUVライトより扱いやすく、人気があります。
しかし、もしあなたが手芸をしている人だったら、レジンでアクセサリーを作っている人だったとしたら、UVレジンを硬化させる時に使う手芸用のUVランプでネイルができるのでは、と考えるかもしれませんね。

結論から申し上げますと、できるといえばできることもありますが、専用品を使うのが一番です。
ジェルが硬化する波長やワット数と、レジン用のランプのそれが合うのなら、できないこともないでしょう。
ですが、パワーなどの関係を除いてもそのようなUVランプは人用ではないので、やはり専用品をつかうのがいいとおもいます。

ネイル用ではないLEDランプにも同じことが言えます。
ちなみに、LEDライトで硬化するタイプのLED対応ジェルは紫外線ではきちんと硬化しないので、ますます手芸用のUVランプを使用するというのはナンセンスです。

ちなみにLED硬化は手軽ですが、硬化熱が出やすいという注意点があります。
硬化が早ければ早いほど、化学反応が早く進むからですね。
注意できることとしては、爪いがいの場所にジェルを付着させたまま硬化させないこと、ジェルを厚く塗りすぎないこと、熱いと思ったらすぐに中止することが挙げられます。

一旦中止したのち、またライトをあてれば大丈夫です。
熱いとおもっても熱を極端に恐れず、落ち着いておこなえば心配いりません。
商品詳細ページにアイテム紹介のほか、そういった注意点が書かれていると思いますので、気になったセットやキット、ジェルがあったらお気に入り登録しておくといいかもしれません。
商品を使ったデザイン例やポイントについてはメーカーサイトにログインしないと見れない場合もありますが、商品情報や注意点などは誰でも見られるようになっているので、スクリーンショットをとったりするよりもお気に入り登録のほうがおすすめです。

情報や価格は変わることもありますからね。
硬化用ライトのパワーはものによって様々で、それによってジェル硬化までの時間も変わったりします。
自動始動センサー付きであったり、タイマー機能付きであったり、付加機能も様々です。
初心者の方であれば、必要最低限のネイル用品がセットになったキットを購入するのがおすすめです。

値段もネイルサロンに通うことを考えれば安く済みます。
購入品がたくさんになると意外と場所をとるので、たくさんネイル用品が入ったセットのほうがいい、とは一概に言うことはできません。
ライトだけでなく、ジェルにもタイプがありますし、色々調べて購入することをおすすめします。