ジェルネイルキット 初心者 選び方

ジェルネイルキットの選び方のポイント

今や、おしゃれ女子の定番になったジェルネイル。
ネイルサロンも沢山あってすごい勢いですね。

 

しかし、わざわざ時間とお金がかかるネイルサロンい行かなくても、
自宅でできる『セルフジェルネイルキット』が、電気店やネットで沢山売っています。

 

『セルフジェルネイルキット』とは、

マニュキュアと違い、ジェルネイルは専用のジェルとそれを硬化するライトがないとできません。
その他にも複数の用具が必要なのですが、それを一式丸ごと売っているのが『セルフジェルネイルキット』です。

 

そのキット内容はブランドによって違い、初めてジェルネイルをする方はどれがいいのか迷ってしまうと思います。
そんな方の為に、どのようなキットを選べばよいのか、まとめてみましたので参考になれば嬉しいです。

 

 

キット内容は自分に合っているか。

セルフキットを見てみますと、たくさんのパターンがあります。
本当に初めて!と言う方は、最低でも以下の用具が入っているものを選んでみてください。

  • ベースジェル、トップジェル
  • ライト
  • ジェルリムーバー(アセトン)→オフする時に必要。
  • キューティクルプッシャー →オフする時や、甘皮を押し上げる時に便利。
  • ファイル →爪を整える、爪の表面の処理。

※最後に未硬化ジェルをふき取るジェルリムーバーは、
ドラッグストアで買える消毒用エタノールで代用でることがほとんどです。

ライトは適正か。

ライトの種類は「UVライト」と「LEDライト」があり、最近は「LEDライト」が主流になりつつあるので、
これからそろえる方はLEDがおすすめです。
しかし、バイオジェルやカルジェルなど、人気のジェルで「UVライト」でしか固まらないジェルもあるので注意が必要です。

LEDライト

又、同じ「LEDライト」でも目的によってその形を選ぶといいと思います。

ペンタイプ

最近よくある「ペンタイプ」のライト。
一見手軽でよさそうですが、ネイルの「もち」や「機能性(一本ずつ硬化しなければいけない)」を考えると、
学生さんなど、マニュキュア感覚で気軽に楽しみたい方にお勧めです。

箱型タイプ

もう一つは、昔からある「箱型タイプ」のライト。
同時に数本の指を入れられるし、パワーや早さも箱型のほうが断然いいので、OLさんなど、
サロンと同じ仕上がりを目指す方におすすめです。

 

手軽に始められる材料が揃っているか

@にあげた用具は、最低でも必要なものです。
しかし、ジェルネイルはイロイロなデザインを楽しめるところがいいところ!
カラージェルやラメ、ストーンなど、お好みの材料がそろっているものを吟味してみましょう!

 

以上、簡単にまとめてみましたが、セルフジェルネイルは、マニュキュアよりも取れにくく、
ストーンやラメで沢山遊べるので、慣れるとやめられなくなります!
是非沢山楽しんでくださいね!!