セルフ ネイル キット

自宅で出来るセルフネイルキットのおすすめ

セルフネイルのキットには色々なものがありますが、今おすすめなのは、セルフでジェルネイルができるタイプのキットです。
ジェルネイルは従来のマニキュアと違って剥がれにくいですし、UVライトで硬化させるという性質上、爪の保護にも役立ちます。
サンディングなど特殊な工程が多いため、サロンでプロのネイリストにお願いするものというイメージが強いかもしれませんが、そういった工程を省略してやり方を簡単にした、初心者にもおすすめできるスターターキットがあるのですよ。

選び方のポイントのひとつとしては、セット内容がシンプルなものを選ぶということが挙げられます。
おトクではあるかもしれませんが、初めからたくさんのアイテムを手にしても、使いこなすのは難しいですよね。
もてあまして収納に困るという事態も起こりえます。
最初は必要最低限、必需品が入った内容のセットを選ぶのが賢いと思います。
道具は後から買い足せますからね。

それよりは、ベースとなるアイテムの質を重視するのがいいとおもいます。
国産、というのはひとつの安全性の基準にもなるでしょう。
国産以外のものが悪いということではありませんが、カラージェル以外のものにも言えることとして、国産のものは国内の人に合った商品であるということが言えるとおもいます。

からだの一部に直接塗るものですから、体質に合う可能性が高いものを選びたいですよね。
ボトルタイプは、初心者にはポリッシュタイプがおすすめだとされます。
マニキュアボトルのような形状で、まさに従来のマニキュアのように、ボトルについているハケでジェルを爪に塗ることができます。
はじめは単色塗りをしていても、慣れたら筆でジェルをとって、アートをほどこすこともでき、長くつかうことができるでしょう。

もう既に筆をつかうことに慣れている場合は、コンテナタイプを選ぶといいかもしれませんね。
ジェル同士を混ぜて自分だけのカラーを増やせますし、色の数が増えることはデザインの幅を広げやすくなることにもつながります。
硬化用ライトはUVライトよりはLEDライトのほうが手軽でコスパもよいでしょう。
LEDタイプはライト交換の必要がないからです。

また、Pen型ライトなどの、LEDライト自体が小さいコンパクトLEDライトが存在するので、利便性がたかいです。
ペン型ライトなら、ちょっとしたお手入れも簡単ですよね。
ちなみにLEDライトを選ぶのなら、LED対応のジェルを選ぶ必要があります。
自分でネイルをすることをためらう理由として、失敗したらどうしよう、ムラができたら嫌だな、といったことを挙げる人は多いですが、今はやり方の記事や動画など、情報がたくさん出回っている上、それらを簡単に入手することができます。
最初は誰でも初心者ですから、思い切って夏に向けて挑戦してみてはいかがでしょう。