セルフ ジェルネイル キット おすすめ

セルフジェルネイルをキットで購入予定の方におすすめ

ネイルを、ネイルサロンでプロのネイリストにお願いすると、どうしてもお金がかかってしまいます。
そんな時に、自分でネイルができたら、硬化ジェルをつかった人気のジェルネイルがセルフでできたらいいなと思いませんか。

特に素足を見せる機会も増える夏は、セルフジェルネイルを始めようか悩む人も多いようですね。
硬化させるためにUVライトやLEDライトを使うなど、爪に塗りをほどこすだけではないので初心者には難しそうなジェルネイルですが、今では仕上がりもよいと話題のセルフジェルネイルキットというものが存在します。

もちろん、世の中にはたくさんのアイテムがあるため、初心者のかたでも簡単に使えるタイプを選ぶ必要はあります。
では、その選び方のポイントは何かというと、まずは最低限の必需品が全てそろった、やり方が簡単なセットを見つけることです。
見極めポイントとしては、ワイプというテクニックが必要な工程や、爪をけずって薄くするサンディングという工程がないものがおすすめでしょう。

ベースジェル、トップジェル、他、セット内容もよく見てみましょう。
おトク感があるからと、たくさんのアイテムを含むセットを始めから選ぶのはハードルが高いかもしれません。
確かにトクではあるかもしれませんが、スターターとしては、必要以上のアイテムがあっても、収納などが大変になってしまいます。

ジェル用品は、慣れてから買い足すのが賢いのではないかな、と思います。
形状のタイプを選ぶことも大切です。
この選び方ポイントは、人によって使いやすいタイプが分かれるので、自分がいいなと思うものをチョイスすることです。

タイプのひとつはポリッシュタイプです。
ジェルの入ったマニキュアボトルのようなボトルにハケがついていて、塗りやすく手入れが簡単です。
ハケについたジェルを筆でとって使うこともできるので、単色塗りだけでなく、自分らしいデザインや、慣れればアートをほどこすこともできます。

コンテナタイプは、コンテナと呼ばれる小さく丸い容器に入ったジェル自体を筆でとるタイプです。
ジェルを混ぜて新しくカラーを増やしたりと、アレンジがしやすいです。

ライトは、従来のUVライトよりもLEDライトがおすすめです。
LEDタイプはUVタイプとは違ってライト交換が必要ありませんし、手軽です。
LEDライト付属のキットを選ぶのはおすすめです。
LEDに対応していないカラージェルもあるので、ジェルを買い増しする際は気をつけてくださいね。

コンパクトLEDライトなどと呼ばれるペン型ライトもあり、これはちょっとしたお直しに活躍します。
サロンでネイルをしてもらうのもいいですが、今では記事や動画でセルフネイルの情報や方法を簡単に見ることができます。
自分なりの夏ネイルを考えたりするのは楽しいですし、作業も楽しいことでしょう。